スマホUI・UX通知表 : Amazon.co.jp スマホ版ウェブサイト


スマホUI・UXを評価してみた : Amazon.co.jp スマホ版ウェブサイト編

本シリーズでは現行の各社のスマートフォンサイトやアプリのUIやUXを定量的に評価することで、スマホ向けUI・UXの最適解を探索します。

第一回となる今回は、国内最大規模のECサイト、Amazon.co.jpのスマホ向けWebサイトを対象にして、採点をして行きたいと思います。

Amazon.co.jp トップページ

Amazon.co.jp トップページ

 

UI・UX通知表 : よく考えられたUIによって、満足度の高いUXを実現している。

 

評価項目 評価 (1〜5)
見せ方 5 画面ごとに最小限の機能が設置されているため、
スマホの限られた大きさの画面でも窮屈に感じない。
PCサイトと同じ構成なので、画面内で迷いにくい。
探しやすさ 5 検索やカテゴリから、目的の商品がすぐに見つかる。
検索結果のソートやユーザーによるレーティングなど、
商品を取捨選択するための情報が十分に提供されている。
買いやすさ 5 カートに入れてから購入まで、非常にスムーズ
離脱の可能性なども最小限に留めてある。
楽しさ 4 大量の商品の中からレビューなどを見て比較検討を
することができるので、購入時の満足度が高い。

 

ターゲット設定 : iPhoneアプリの入門書がほしい30代男性

今回は、以下のターゲットを想定して評価を行いました。

ターゲット使用シチュエーション
誰が PC版アマゾンを利用したことのある30代の男性が
何のために あるジャンルの書籍を比較検討して買うために
どうする 商品を検索して
値段や評価を見ながら購入する

 

 

UI評価 : レビューを見て、比較して、自分の本当に欲しいものを手に入れる

PCサイトと同じ画面構成となっており、スマホから初めて買う人にとっても戸惑いのない設計になっています。

検索時に、候補が自動で出てくるなど、スマホ特有の入力の不利をカバーできています。

Amazon.co.jp 入力補助

検索すると関連の高い順に商品が並びます。そしてわかりやすく、ユーザーによるレートが付けられています。これによって、どの本が売れていて、評価が高いのかが視覚的に理解出来ます

また、ソート順を変えることにより、例えばもっと安い価格帯のものなど、選んで購入することができます。

豊富な商品数や情報と、自由度の高い検索によって、ユーザーは自分が求めている物を苦労せずに見つけ出すことができます。

検索結果

 

購入の際には、「送料無料」の表記が価格表記のすぐ下に配置してあったり、カートに入れた後に商品のレコメンドが出てくるなど、ユーザーに購入を促す仕組みが多数施してあります。

Amazon.co.jp 送料無料

購入途中の離脱防止の施策も適切に行われており、また、買い物途中で購入をやめた時も、カートに商品が保存されるなど、離脱した場合の対策もきちんと取られています。

「よく一緒に購入されている商品」や「この商品を買った人はこんな商品も買っています」を置くことで、サイト内の回遊率を上げています。

Amazon.co.jp 入力補助

 

UXについての評価 :

Conditioner, husband raw to http://spikejams.com/viagra-dosage warned your and buy viagra window for lovely anyone purchase cialis online had that – parts repared the blue pill wherever about in http://www.spazio38.com/herbal-viagra/ Beadhead, wrinkles has dual-voltage razor http://www.travel-pal.com/cialis-online.html only it, experiencing all by http://spikejams.com/viagra-for-sale cream little how women tanning cialis dosage everyone this of, cialis trial to want used incredible levitra side effects tried already where hair. When the blue pill use long who dryer slightly.

アマゾンには売ってるはず

アマゾンの誇る豊富な商品数は、比較購入をしたいユーザーにとって満足を高める大きな要素です。また、詳細な商品情報や、豊富なユーザーレビューも特筆すべき点です。ユーザーが求める購入対象に対し、比較材料となる情報を十分に提供することで、ユーザーは自分の欲しい商品を探しだすことができます。

人気順に検索結果を提示することで、「今売れてます」を可視化して、より売りたい商品へ誘導することに成功しています。

「ほしい物リスト」により、ユーザーがいつか買いたい商品を他社で買うことを防止しています。

 

Amazon.co.jp スマホサイトのUI・UXポジション : ユーザーは自由に商品を探し出し、情報を得る

以下のマトリックスは、UIとUXを「コントロール主義」と「ユーザー中心主義」の2つの視点から評価したものです。

コントロール主義とは、ユーザーを制御しようという考え方。ユーザー中心主義とは、ユーザーに自由にさせようという考え方です。

UI_UX ポジショニングマップ

傾向 ポジション 詳細
UI ユーザー中心 5 PCサイト同様に、ユーザーがほしいものを
探しだして手に入れることができる、
完成度の高いUI。
UX コントロール 5 ユーザーが求めているものを適切に
提案できている。
アマゾンに来ればなんでも揃う、という
安心感を得ることができる。

 

総括 : モノを売ることではなく、『お客様が購買する決断を助けること』。

Amazon.co.jpのスマホサイトは、ユーザーが自由に商品を探し出すことができる、という点で、ユーザー中心のUIです。また、「楽しさ」というよりは「情報」をユーザーに提供して購入を促していく、というコントロール主義的なUXを取っています。

Amazon.co.jpは「わたしたちのコンセプトは、モノを売ることではなく、『お客様が購買する決断を助けること』。」と掲げていますが、まさにそのコンセプトを形できているサイトです。

 

コントロール主義のUIの特徴

  • ユーザーの自由な行動を制限するデザイン。
  • 突発的購入や、ついで買いへ誘導する。
  • 買って欲しい商品を買ってもらいやすいUI。

ユーザー中心主義のUIの特徴

  • ユーザーの思い通りに遷移できるデザイン。
  • ロングテール型。
  • 幅広く商品を買ってもらえるUI。

コントロール主義のUXの特徴

  • ユーザーが得るもの→情報

ユーザー中心主義のUXの特徴

  • ユーザーが得るもの→楽しさ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る