アプリ開発に大きな影響? Androidアプリが収益力でiOSに迫った!


android

英国の調査会社VisionMobileの7月17日の発表によるとAndroidアプリの収益力がかなり向上しているそうです。

長年スマートフォンアプリの開発者は端末シェアが高いAndroid(アンドロイド)よりもiOSを優先してきました。

それは、iOSがApp sotreなどで課金の仕組みがしっかりしており、収益力が高かったためと言われています。

しかし、今回VisionMobileが6000人のモバイル開発者を対象に行った調査によるとその差がかなり縮まっているようですね。

そうなるとAndroidアプリの開発者が今後増えてくる事が予想されます。

ECのサイト向けにアプリを作るときに、日本ではiOSが優先されAndroid版が後回しになるケースがよく見られます。

 

しかし、収益力に差が無くなってくると、Androidアプリの開発者が増えてこの傾向が変わるかもしれませんね。

※Androidは端末数が多すぎるのが後回しになる原因という説もありますが。。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る