PCの常識は通じない?!三陽商会リニューアルにみるスマホUIの改善


三陽商会が運営するアパレルECサイト、「SANYOiStore(サンヨー・アイストア)」のスマートフォン専用サイトがリニューアルすることが発表されました。

三陽商会では、スマホUIの改善にあたり、NTTデータの提供している「WEBユーザビリティー調査」をおこなったそうです。

実施された内容をみると、PCとスマートフォンではECサイトのUIでかなり違う点がポイントになるんだなと思いました。

公表されている画面をみると実施される内容はこんな感じですね。

 

<リニューアルのイメージ>

三陽商会 スマートフォンサイト リニューアル

 

拡大ボタンの日本語化
サムネールの拡大
サムネールの切り替えボタンの追加
購入ボタンを一番下にした。
サイズ表を出力するようにした。
原材料や洗濯表示などの追加

 

この内容をみてPCのECでは常識だったことが、スマートフォンには当てはまらないのがよく分かります

例えば、PCのECサイトでは、購入ボタンのクリック率を上げるために、なるべくページの上に購入ボタンを設置するのがセオリーでした。

しかし、スクロールが容易なスマートフォンでは、サイズ表や洗濯表示などユーザーが必要な情報をしっかり見せて、最後に意思決定をしてもらう流れが有効だと判断したんですね。

このへん数字がどうでるかによりますが、スマートフォンのデバイス特性を考えると納得出来る感じです。

 

これだけ構成が変わってくると、やはりECサイトでレスポンシブWEBは難しいのかなとも思えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る