やっぱり最強!? iPhone5を選ぶ人がスマホ購入者の半分に


調査会社カンタージャパンに発表によると、2013年4月~5月スマートフォンの新規契約と機種変更を行った人のうち、iPhone5を選んだ人が49%と半数にのぼることが分かりました。

iphone 販売シェア

49%は全キャリの数字ですが、auでは64%、ソフトバンクではなんと91%がiPhone5を選択しています。
ここまで人気があると、他のスマホがよほどダメなのかと思ってしまいますね。

 

▼ソフトバンクのスマホ販売シェア         ▼auのスマホ販売シェア

auとソフトバンクの iPhoneシェア

 

ちなみに、累積のiPhoneのシェアは2013年2月で36.3%でした、これは年々下がる傾向にあります。

 

日本国内のスマートフォンOSシェア 2013年2月

※OSシェアはAdobeが発表しているThe State of Mobile Benchmark(モバイルベンチマークの状況)2013年2月発表より。

 

しかし、日本では最大キャリアのドコモがiPhoneを扱っておらず、スマートフォン全体が伸びている状況の数字です。そう考えるとiPhoneのシェアはそう簡単に下がりそうにない気がします。

 

噂が出ては立ち消えている、ドコモのiPhone取り扱いがいつ始まるとも分かりません。

アプリやサイトを作るときの、OS選択の悩みはまだまだ続きそうです。。。

 

調査名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック調査」
調査国:日本
調査時期:2013年4月から6月
調査方法:インターネット調査
調査対象:16歳以上の男女
対象者数:10,000人/月

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る