まだまだ伸びる!全世界の携帯電話需要 2013上期


GfK スマートフォン 2013 上期

GfK(ニュルンベルグ)の9/4の調査によると、2013年上期の携帯電話需要がこれまでの記録を更新しました。

携帯電話の価格がものすごい速さで下落していることが、市場を牽引しています。さらに、ミドルレンジ〜ハイエンドの端末は様々な新しい付加価値を打ち出していることも一因となっています。

 

フィーチャーフォンを蹴散らして、スマートフォンの伸びがものすごい 2013 上期

2013年の1月から6月のスマートフォン需要は、前年同期比で66%増加しました。逆に、フィーチャーフォンは25%の下落を見せています。それでも携帯電話全体(スマートフォン+フィーチャーフォン)では、10%の伸びを見せています。2012年は売上の41%しか無かったスマートフォンのシェアですが、2013年では59%と急伸しました。

スマートフォンのシェアが最も高いのは中国で、85%という突出して高い数字を示しています。続く西ヨーロッパ圏が71%でした。
逆にスマートフォンシェアが低い国々は、アフリカ、インド、ラテンアメリカなどです。

 

スマホは、大きく、薄く、速くなる傾向

西ヨーロッパでは4.5インチサイズのスマートフォンが多数発売されました。2012年夏には2機種しか無かったのが、いまでは4台に1台が4.5インチサイズのスマートフォンです。また、全機種のうち3分の2がスリムな、いわゆる薄型のスマートフォンとなっています。

また、2013年から2014年のトレンドはファブレット端末(タブレット+携帯電話)となると予測されています。

ハードウェアのトレンドは、LTE、NFC、高速なプロセッサなど、おなじみのものとなりそうです。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る