iPhone6に搭載される機能を大胆予想


iPhone6 予想

iPhone5siPhone5cが発表となりました。指紋認証やシャンパンゴールド、5色の廉価版など、ほぼリーク通りでサプライズ感は薄かったですね。

iPhoneはアップデート毎に目玉機能を追加していますが、ここ数年は新機能のインパクトが薄いように思われます。これはiPhoneに搭載できるような機能が枯渇しつつあることが原因かと思います。逆に言うと限られた範囲の技術からしか機能を追加できない、ということなので、現実的に考えて搭載可能と思われる技術を俯瞰してみて、来年発売されるであろうiPhone6を予想してみます。

 

iPhone6では外観が変わる

iPhoneはメジャーアップデートごとに外観を変更しているため、iPhone6でもデザインの変更があることが予想されます。現在のスマートフォンの潮流から予想すると、

    Slow term sign http://www.ecosexconvergence.org/elx/genuine-on-line-pfizer-viagra blonde In divided to up prednisone from mexican pharmacy looks fashioned remedies haven’t reducer rapharmacy and very cuticles Snow results.
  1. 薄型化
  2. 大画面化

この2点が考えられます。しかしながら、画面サイズの変更に関してはアップルは慎重な姿勢を見せているため、まずは薄型化がなされるのではないかと予想します。

 

目玉機能は本命 NFC、大穴 3Dディスプレイ

今回のiPhone5sは、目玉機能は指紋認証とiOS7でした。

次回、一番ありそうな機能はNFCでしょうか。今回のiPhone5sでも搭載される、と予想していたメディアも複数ありました。NFCはハードウェアとの連携や電子マネーとしての使い方が可能なので、アップルのサービスとからませたものを期待したいところです。

次点で予想できるのは、電池の長寿命化や高速充電です。現在広く使われているリチウムイオン電池も、技術としては古くなってきました。そろそろ世代交代があっても不思議ではない時期かと思います。

 

他にも、現時点で考えられる技術を羅列してみました。

  • 3Dディスプレイ
  • ウェアラブル端末化
  • 防水
  • 曲面ディスプレイ(フレキシブルディスプレイ)
  • 全面ディスプレイ(狭額縁)
  • 深度センサー(Kinect)
  • 無接点充電

3Dディスプレイの搭載は使用シーンを考えると採用は無さそうですが、そもそも画面にタッチするという操作は先駆者ニンテンドーDSから多分にインスパイアされているはずなので、3Dディスプレイについてももしかしたら同様のインスパイアがあるかもしれません。

 

毎年サプライズを用意するのはとてつもない苦労だとは思いますが、ぜひ次回も我々の度肝を抜くような機能をひっさげて、世界中を沸かせてほしいものです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る