高校生のLINE率約7割、でも大学の公式アカウントは3%以下。


LINEの利用率 学生
利用しているSNS(発表資料より

 

Z会の発表によると高校生のSNS利用で最も多いのはLINEで67.2%とのことです。

2位のTwitterが23.2%なので大きな差がついていますね。

 

「LINE」が高校生のこれだけ普及しているメディアと考えると、一番影響がありそうなのは受験マーケットではないでしょうか。

2012年のデータですが、全国の4年生大学の45.8%が定員割れになっているそうです。(出典:日本私立学校振興・共済事業団の調査)

 

全国に4年生の私立は557校あり定員割れしているのは264校。そのうち18校は50%未満となっています。
入学者が1500人以上の大型大学は充足率が微減だったものの、600〜800人や100人未満の中堅校以下で苦戦が目立つようです

 

短大はさらに深刻で、330校のうち69.7%が定員割れの状況です。

ちなみに、「LINE」の公式アカウントを調べてみたところ、短大と大学を合わせてのアカウント数は29校でした。(2013年9月19日時点)。
数は少ないものの割と活発に情報を出しているアカウントもありますね。

 

写真 1 写真 2

 

 

ちなみに、大学と短大を合わせて900校程度と考えると所有率は3%以下ですね~

大学マーケットは広告費比率が一説に7%大きいせいか広告代理店も力を入れている部分です。
従来合同説明会やオープンキャンパスなどリアルなイベントがメインでしたが、「LINE」のような新しいPR手法をうまく使えるところが今後は生き残って行くのではないでしょうか。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る