iBeaconついにメジャーへ。大リーグがiOS7の新機能iBeaconsの採用を決定


以前こちらでも取り上げたiOS7の新機能iBeaconsが、大リーグでも採用されることが決まりました。

以前の記事: NFCキラー?お会計から顧客行動モニタまできちゃう、iOS7の新機能iBeacons

iBeacons iBeacon 大リーグ MLB

MLB向けiPhoneアプリの開発者Marc AbramsonがMashableで、「GPSは室内では全然役に立たなかったけど、iBeaconsのポテンシャルにはしびれたね」と語っています。

MLBは今年2月よりAppleと密に協力して、iBeaconを使ったプロジェクトを進めていたそうです。
iBeaconsの機能を搭載した新しいMLBのアプリでは次のようなことができます。

  • スタジアムに近づくと、スタジアムでの今日の対戦などの情報をポップアップで教えてくれる。
  • スタジアムのゲートに来ると、入場用のバーコードをディスプレイに表示してくれて、さらに座席の場所まで教えてくれる
  • パスブックと連動しているので、パスブックでチケットを購入していた場合は、そのチケットをディスプレイに表示してくれる。
  • アプリはポイントカードにもなっており、その場所に行くだけで自動的にポイントが溜まっていく
  • スタジアム内のお店のそばに来たら、クーポンがプッシュ送信される。

このように、「スタジアムに近づく」「スタジアムのゲートを通る」「お店の側に行く」など、位置情報をトリガーとして、情報がプッシュ送信されます。

 

NFCなどでは端末にタッチする必要があったし、ARや音声系のO2Oアプリではアプリを起動しなければならなかったわけですが、iBeaconsでは何かに触れる必要もないし、アプリを起動していなくても、近くにくれば自動で受信をしてくれます。GPSの弱点である室内などでも問題ありません。

 

Abramsonは「とにかくいままでの観戦とは全く違った体験ができると思う。家での観戦や他の球場での観戦ともぜんぜん違うよ。」と語っています。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る