業界地図を変えるのか?! LINEのO2Oクーポンを試してみた


公式アカウント活用してのO2O施策に、強力なツールが加わったようです。11月7日から一部の店舗やブランドで「LINEコラボアカウント」がスタートしました。
これは、例えばローソンが店舗内で売っている「サントリーのクーポン」を配信するといったサービスです。

第一弾は、12月上旬にローソンの公式アカウントからサントリーの「ボスカフェ」のクーポンが配信されます。

いままでローソンのようなショップは“おにぎり”や”唐揚げくん”などの自社商品のクーポンだけを発行できました。

しかし、「LINEコラボアカウント」だと他社商品の割引ができるので、リアル店舗での販売奨励金の代替になりそうなサービスだと思います。

これは販売促進の領域に踏み込むサービスになるのかもしれません。

 

さらに、先んじて11月12日からはLINE PLAY内のローソンルームにある仮想Loppiから「ボスカフェ」の割引クーポンが取得できるというコトなので、試しにやってみました。

 

まずは、LINE PLAY内の仮想店舗にいって、
仮想Loppiでクーポンをゲット。50円引き用のコードが発行されます

LINE PLAYの仮想店舗にアクセス 仮想Loppiからクーポンをゲット

そして、リアルのローソンに行きLoppiに番号を入力無事クーポンをゲットできました。

やったーこれで、ボスカフェが50円引きに!

 

Loppiにコードを入力 Loppiでボスカフェのクーポンゲット

 

しかし、なんだかタルイ感じです。。。


「仮想店舗」にアクセスして、わざわざ「仮想Loppi」を使うというのが
難しい感じですね〜

「LINE PLAY」を使ったクーポン施策はちょっと無いかなと思うので、
12月から始まる「LINEコラボアカウント」に期待したいと思います。

 

当初はローソンとマツモトキヨシの2社で始まるようですが、こちらは仕組みが公開されてないので、どうやるんでしょうね。。。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る