SNSを使う人の半数はスマホユーザー


マーシュ

1都3県に在住する10代(高校生以上)~60代までの男女900人を対象に、SNSに関するインターネット調査を実施した結果をインターネット調査会社の株式会社マーシュが公開しました。

【調査結果トピックス】

■登録者が最も多かったSNSは、上からFacebook(40.4%)、Twitter(36.2%)、ミクシィ(32.8%)。
 Google+は8.7%、LinkedInは1.7%と1割未満。

■閲覧頻度、投稿頻度ともにTwitterが最も高い。次いでFacebook、ミクシィ。

■SNSの登録の目的は、「プライベート」が圧倒的で9割以上(「どちらかといえばプライベート」も含む)。
 LinkedInのみ「ビジネス」が3割強(「どちらかといえばビジネス」も含む)。

スマートフォン使用者は、一般携帯電話との併用者も含めるとおよそ4割
 Androidスマートフォン使用者は23.9%で、16.2%のiPhoneを上回る。
 SNS利用者でのスマートフォン使用率は55.3%と過半数。

graph
【調査内容】
Q1.登録しているSNS(複数選択)
SQ1.登録しているSNSのそれぞれの閲覧頻度(単一回答)
SQ2.登録しているSNSのそれぞれの投稿頻度(単一回答)
SQ3.登録しているSNSのそれぞれの登録目的(単一回答)
Q2.携帯電話/スマートフォンの1ヶ月あたりの平均利用金額(単一回答)
Q3.休日の使い方(単一回答)
Q4.ライフスタイルに関する意識(単一回答)
Q5.興味を持っているジャンル(複数選択)

 

【調査結果はこちら】
http://www.marsh-research.co.jp/mini_research/mr201211_1sns.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る