今注目のiBeaconのサービス事例や端末をまとめてご紹介


iPhoneに採用されたことで、いま注目が集まっているIOS7の新機能「iBeacon」。

Bluetooth LEを使って近距離の通信を行えるので、O2Oのプロモーションや分顧客析など
さまざまな活用が出来ると期待されています。

それにともない、「iBeacon」に関連したデバイスやサービスのリリースも増えてきました。
しかし、まだまだ情報自体が少ないので、自分でまとめを作ってみました。

 

1.iBeaconを使ったサービス

2.iBeaconを使うための端末

でそれぞれ代表的なものを取り上げています

 

 

1.iBeaconを使ったサービス

 

アメリカの百貨店メイシーズが採用したShopBeacon。

メイシーズがibeaconを導入

米国の大手百貨店メイシーズがiBeaconを使ったO2O施策を行うことを発表しました。
サービスの詳細は不明ですが、ShopKickが提供するiBeaconの端末「ShopBeacon」を採用したそうです。

サービスの内容としては、メイシーズの入り口や商品に近づいたりすると、プッシュで商品情報やクーポンが送られてきます。

スクリーンショット 2013-11-29 18.39.28

詳細は「Macy’sがiBeaconを採用。ビーコンはO2Oサービスで有名なShopKick製。」へ

 

待ち合わせで困らないiBeacon実験アプリ「Ninja Tryst」

iBeacon待ち合わせアプリ

「Ninja Tryst」は、個人の開発者の方が作ったアプリのようですが、iBeaconを使って待ち合わせの相手を見つけることができます。

意外に知られていないかもしれないですが、「iBeacon」はBluetoothのチップが無くても、iPhone同士でも行うことが可能です。
iPhoneが端末IDを相手のアプリに送ることで、近くにいる人を探すことが出来るというコンセプトのようですね。

忍者のビジュアルが凄く(無駄に)凝っているのもチャームポイントかも。。。

既にiTunesにも上がっています。

 

 

iBeaconがメジャーリーグで導入!顧客の利便性を高めるサービスへ

MLBニューヨークメッツの本拠地、シティフィールドに「iBeacon」が早くも導入されています。

サービスとしては

  • スタジアムに近づくと今日の対戦情報がプッシュで送られる
  • アプリで、スタジアムゲートで入場用のバーコードが発行され座席の場所が分かる。
  • 球場に行くだけで、位置情報からポイントがたまる。

など、顧客の利便性を高めつつマーケティングに活用するというものです。
今後のサービス開発の方向性として興味深いですね。

 

メジャーリーグにiBeaconsが導入

詳しくは、「iBeaconついにメジャーへ。大リーグがiOS7の新機能iBeaconsの採用を決定」を参照ください。

 

 

2.iBeaconを使うための端末

 

石ころみたいな、米国産のiBeacon端末「estimote」

「iBeacon」を使おうとすると必要になるのが、Bluetooth LEの端末です。しかし、現在生産しているメーカーまだまだ多くありません。
「estimote」数少ない端末メーカーで、端末とサーバーがセットになっているのが特徴。
iBeacon用のサーバーを用意しなくてもいいので、小規模な開発であれば素早く始められそうです。
ボタン電池式で2年持つそうです。値段は3個で1万円とけっこう高いですね。

Unknown2

しかし、注目の分野のためか中々購入することが出来ず、スマートフォンECラボでも一ヶ月前に注文しましたが
先日ようやく発送の知らせがきました。。。

estimoteの詳細はこちらへ
「NFCキラー?お会計から顧客行動モニタまできちゃう、iOS7の新機能iBeacons」

 

あのShopKickが出したiBeacon端末「ShopBeacon」

このiBeacon端末の「ShopBeacon」最大の特徴は、アメリカでは数百万のダウンロードがあるO2Oのアプリ「ShopKick」が出しているところです。
iBeaconでサービスを行う場合アプリが必須となりますが、なかなかダウロードしてもらうのが難しいのです。

ShopBeacon

しかし、既にOSOで大きなサービスであるShopKickが始めたのだとすると、端末を入れるとすぐに大きな数の顧客を得る事ができます。

ShopKickのサービスなど詳細は
「Macy’sがiBeaconを採用。ビーコンはO2Oサービスで有名なShopKick製。」

 

 

300円の激安iBeacons端末を日本メーカーが発売中

国内でもiBeacons端末を扱っているところがあります。
アプリックスが販売したiBeaconモジュールは「estimote」とは違い、基盤むき出し型でモジュールだけの販売ですが値段は300円と劇的に安いです
電池は単三電池を使い10年間稼働するそうです。

国内で買える安いiBeacon端末

海外製の端末が一個3000円以上だとすると300円はかなり安いですね〜

ある程度の規模の開発になるとサーバー系は自前で作ると思うので
こういう安いモジュールを1000個体にぐらいで買うのが良いと思います。

 

赤べこ??な端末AKa Beacon

iBeacon端末系で変わり種を見つけたのでご紹介します。
スマホ関連のアプリ開発企業企業 ジークルーが発表している、Aka BeaconというiBeacon用のBluetooth端末です。

開発した企業が福島県の会津若松市にあるので、名産品の「あかべこ」から
来てるんでしょう。

端末の紹介はこちらに乗っていますが
http://www.gclue.com/akabeacon/index.html
値段はおろか会社情報も載っていなかったりします。
まだまだ、実験的な取り組みなんでしょうね〜

AKA beacon 赤べこのようなiBeacon端末

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る