アメリカンイーグルが全米100店舗へのiBeacon端末設置を計画。ビーコンはまたしてもShopKick製。


近年日本でも人気のアパレルメーカーであるアメリカンイーグルが全米の100の店舗にiBeacon端末を導入する計画であることがわかりました。

アメリカンイーグル iBeacon

アメリカンイーグル iBeacon

 

発表によると、姉妹店を含むアメリカンイーグルの100店舗に、iBeaconの端末を設置するとのことです。アパレル分野では最大規模のiBeaconソリューション展開となります。

 

今回のアメリカンイーグルのビーコンにはショップキックのビーコン「shopBeacon」を利用しています。ショップキックはアメリカの百貨店メイシーズにつづいて、メジャーなクライアントへの提供が続いています。

Macy’sがiBeaconを採用。ビーコンはO2Oサービスで有名なShopKick製。

 

今回のiBeaconの採用により、ユーザーはアメリカンイーグルの店舗に入ると、アプリを通じて商品紹介や値下げ情報を受け取ることができます。

現在は入り口でそれらの情報を受け取る仕組みになっていますが、将来的には、ジーンズ売り場ではジーンズの情報を、シャツ売り場ではシャツの情報を、といった、場所に応じた情報を提供する予定だということです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る