急増する外国人観光客。観光地のO2O施策にチャンスあり?!


2013年に訪日外国人客が10%「

日本政府観光局の発表によると、2013年の訪日外国人数は、前年比24%増で1000万人の大台を越え過去最高となりました。

外国人観光客の増加は、観光地の経済活性化に大きな影響がありますが、その成功にはITを使ったO2O施策の実施が鍵を握っていると思います。

日本国内は、以前より増えたものの外国語による案内や観光情報自体が少なく、海外から来る観光客にとって利便性のある国とは言えません。

さらに、日本ではカード決済できる店が少ないという問題もあり、以前より外国人観光客が不満な点とされています。

そんな中、リクルートが沖縄で注目されるO2O実験を始めました。

内容としては、来店ポイントとタブレットで使えるモバイル決済サービスAirレジの組み合わせです。
まず、観光客に店舗で使える事前ポイントを付与して来店動機を作ります、そして観光客が店舗に来店してもポイントが溜まります。
さらに、店舗側ではiPadでカード決済が出来るように準備をし、ポイントも使うことが出来るようになります。

リクルートのO2Oサービス

 

ポイントを溜めるための会員情報はじゃらんがベースなので、外国人観光客には直接関係無さそうですが、仕組みとしては、顧客に来店動機と便利な決済サービスがあり有効そうなシステム構成だと思いました。

沖縄県の発表している訪日外国人客の満足度調査によると、おもてなしへの評価は高いものの「決済(24.1%)」や「外国語対応(12.4%)」の満足度は低くなっています。

外国人観光客の満足度

↑沖縄県 平成24年度外国人観光客満足度調査報告書 

 

北東アジアは、東南アジアと比べても成長の伸びしろがあるエリアなので、外国人観光客へのITを使った対応が鍵になってきそうですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る