【進むオムニチャネル】本を受け取ってセブンカフェを飲む、その先とは?!


セブンカフェ

出典:セブンイレブン公式サイトより

 

大手コンビニでもオムニチャネル戦略が進んでいます。

セブンイレブンは以前から、セブンネットショッピングで買った本を店頭で受け取れるようにしています。 全国に16000店を超える店舗をもつコンビニチェーンの強みを活かしたオムニチャネル的なサービスですよね。

そして、このたびセブンイレブンが始めたのは、本を店頭で受け取ると「セブンカフェ」のコーヒーが無料で貰えるキャンペーンです。

コーヒーのユーザー層である30〜40代と、書籍の購入者層のマッチングも良い、グッドなキャンペーンだと思います。

しかし、これは単なるコーヒーの無料キャンペーンにとどまらない戦略が隠れていると思いました。

セブンイレブンは、去年大手通販のニッセンを買収したのが記憶にあたらしいですよね。

 

▼ニッセンサイトでは、まだセブンの店舗では受け取れないもよう

ニッセンECサイト

 

普通に考えると、巨大流通力と通販の相性は良いはずですが、セブンイレブンの売上げが4兆円近くあるのにたいして、ネット売上げは267億円にすぎません。

 

ニッセンの売上げが約1500億円なので、セブンコーヒーを使った今回のキャンペーンは、店頭受け取りがどの程度のニーズがあるのかの実験のような気がします。

 

▼会社の売上げ比較表

会社 売上げ 年度
アマゾン 7400億円 2013年12月期
楽天 4435億円 2012年12月期
ニッセン 1500億円 2012年12月期
セブンネットショッピング 267億円 2013年2月期
セブンイレブン 3兆7千億円 平成25年度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る