JALがiBeaconとスマートウォッチによる、業務改善実験をスタート


JALと野村総研がiBeaconとスマートウォッチを使った業務改善をスタート

スマートウォッチを付けたJALのスタッフ

今回はプロモーションではなく、iBeaconを使って業務改善を行う実験をJALが始めました。

空港業務の先進化を狙い、JALと野村総研の協力により、7月16日から一ヶ月間実施されます。

使い方としては、空港の登場ゲートにiBeacon端末を設置、登場ゲートのJALスタッフはスマートウォッチを装着します。

これによりiBeacon端末が発信するIDをスタッフのスマートウォッチが受信。受信したログを分析すれば、JALスタッフの所在地や配置の状況を把握することができます。

JALスタッフの配置をiBeaconで把握する

JALスタッフの配置をパソコンの管理画面で把握

iBeaconやスマートウォッチというと、一般向けのサービスという印象が強いですが、業務改善にも使えそうですね。

たとえば、オフィスでのスペースの効率化や
老人ホームなどでの利用者の監視など、いろいろ使えそうな気がします。

スマートウォッチ

GALAXY Gear2などを使用


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る