メイシーズが全米の店舗にiBeaconを4000個投入。さらにApple Payも。


アメリカの大手百貨店メイシーズが、全米の店舗にiBeacon端末を4000個設置することを発表しました。(情報元

メイシーズは2013年の11月にショップキックのビーコン「shopBeacon」を採用し、サンフランシスコの2店舗で実証実験を行っていました。

今年秋から2015年初旬にかけて、ショップキックのアプリを使った値引きなどが開始されます。

 

また、メイシーズは同時にApple Payの対応も発表しました。

今秋以降、メイシーズあるいはブルーミングデールズの店舗で、iPhone6などの対応端末を使ってApple Payで決済を行うことができます。

 

iBeaconやApple Payなど、次世代の買い物が現実味を帯びてきました。

メイシーズは日本で言うとパルコなどのように新しいもの好きで、ある程度評判を見た後、効果がなかったものはスルーする傾向にあるお店です。今回iBeaconを4000個設置すると決定したということは、お客さまの購買に対してそれなりの効果があったということが理解できますね。

続くApple Payについても、普及が進むのかどうか、メイシーズは良いベンチマークとなりそうです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマーケティ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る