ビーコンメーカーのEstimoteが屋内位置情報サービスを立ち上げ!


 

ビーコンのハードウェアとプラットフォームを開発しているEstimoteが、屋内位置情報サービスを開始し、アプリとSDKをリリースしました。

 

 

設定は簡単で、部屋の中の最低4ケ所にビーコンを置き、アプリを使ってビーコンの位置をマッピングしていけば使えるようになります。

これによって部屋の中の位置情報を把握するだけでなく、スマートフォンにさまざまな情報を送ることも可能になります。

 

例えば美術館アプリを作った場合、アプリをダウンロードした来場者のスマートフォンがビーコンに反応し、アプリで展示作品についての解説がみれたり、解説が聞けたりということも可能になります。

さらに位置情報を使うことで、来場者の動きにあわせて目の前の作品の解説をタイムリーにみれたり、自分の館内にいる位置を確認できたり、順路案内をすることもできるようになります。

 

iBeaconを使った事例はどんどん増えていますが、今後は位置情報を使った事例も増えていくのではないでしょうか。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

グループサイト


storebeacon

onecover

Nissha Strategy Consulting

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ランキング

おすすめ記事

  1. WEB&デジタルマーケティングEXPO OneDougaブース
    10月28日(水)〜30日(金)の3日間、幕張メッセで開催された「WEB&デジタルマ…
  2. OneCoverアプリ
    オリジナルのスマホケースが作れる「OneCover」から、iPhoneアプリが新登場したということ…
  3. 【コンバージョンUPに効く!】 パーソナライズド動画セミナー開…
ページ上部へ戻る