ストアビーコンは、iBeaconを使ったインドアロケーション、そして店舗とネットを結ぶO2Oソリューションです。

ストアビーコンの利用シーンのひとつとして、アパレル店舗での導入を提案しています。

 

店舗への集客

ストアビーコンは、店舗の近くにいる人を店内へ集客するきっかけづくりとして役立てることができます。

店舗の入り口付近にiBeaconの端末を置いておけば、店舗の前を通りがかった人のiPhoneにプッシュ通知を送ることができます。

新作アイテムの入荷情報やセール情報など、受け取ったお客様が店舗に入りたくなるお知らせを送ることがポイントです。

 

滞在時間を長くする

ストアビーコンを使ってお客様により長く店舗に滞在してもらうことで、購入の機会を増やすことができます。

店内でショッピングを楽しんでいるときにiBeaconの電波に反応して、店内アイテムを取り入れたコーディネートがみれるコンテンツを提供することができます。気になったアイテムをみて回ることによって、店内での滞在時間も長くなります。

また、アイテムのカラーやサイズ、価格などの詳細情報がアプリで確認できれば、さらに滞在時間が長くなることも期待できます。

 

iBeacon アパレル プッシュ コーディネート

 

店内での回遊率を上げる

店員が自分の情報発信に対応したiBeaconの端末を持っていれば、お客様はiBeaconの電波に反応して近くにいる店員の情報を受け取ることができます。例えば、「レディースアイテムについてアドバイスします」、すぐにご試着室に案内できます」などの情報をキャッチして、自分の要望に合った店員を簡単にみつけることができます。

お客様がより多くの店員さんとコミュニケーションをとれることより、店内での回遊率が上がることも期待できます。

 

リピート客を増やす

ストアビーコンでは、店舗に来られたお客様の行動履歴を取得することができます。取得したデータを使って、以前に来店されたお客様にメッセージを送ることができます。

例えば、たまにしか来店しないお客様に対しては、「いよいよ11月1日に、毎年人気のダウンジャケットが入荷します!」というメッセージを送ったり、よく来店するお客様には「次回のご来店で、ステキなプレゼント差し上げます」など、お客様の来店頻度にあわせて違うメッセージを送ることができます。

ストアビーコンで取得したデータを使ってお客様に最適なメッセージを送ることができれば、リピート客を増やすきっかけにもなります。

 

iBeacon コミュニケーション メッセージ

 

店舗に来たくなるきっかけをつくる

店舗でショッピングをするとき、店員に商品のサイズやコーディネートなどを聞くことはできますが、お店でそれ以上の詳細な情報を得るのは簡単ではありません。

しかし、商品近くのiBeacon電波に反応して、アプリで商品のデザイナー情報やブランドストーリーをみることができれば、商品に対する価値も上がり、お客様の購買意欲を刺激します。店舗に行くことで新たな商品の価値を知る機会が得られれば、ショッピングに行くのが楽しくなり来店動機をつくることができます。

 

店舗に来たお客様がオンラインで購入

店舗に入ったお客様のiPhoneがiBeacon電波に反応すると、アプリで商品情報を確認することができます。気になったアイテムがあれば、そのままお気に入り登録することもできます。そうすることで、もし店舗で何も買わずに帰っても、自宅に帰ってからゆっくりお気に入りアイテムを確認し、ECサイトやアプリで購入することもできます。

このようにストアビーコンは、店舗に来たお客様がオンラインで購入してくれるきっかけづくりにも役立ちます。

 

iBeacon 来店動機 O2O

 

 

ストアビーコンは、来店動機をつくり、購入を促進し、また来てもらうサイクルを作るO2Oソリューションとして、アパレル店舗に役立つ導入方法を提供いたします。

 

iBeacon O20solution