ストアビーコンは、ショッピングに対する楽しさを提供するため、スーパーマーケットでの導入も提案しています。スーパーマーケットではどのような課題を解決し、お客様に楽しんでもらえるのか。その一例をご紹介します。

 

スーパーマーケットへお客様を誘導する

スーパーの入り口にiBeaconの端末を設置しておけば、店舗の近くを通りがかった人のiPhoneに本日のお買い得情報などを送ることができます。スーパーならではのタイムセール情報など、受け取った人が店舗に入りたくなるような情報を送ることで、お客様を店内へ誘導するのに役立ちます。

 

滞在時間を長くする

スーパーでは、お子様を連れてショッピングに来られるお客様を多くみかけます。店内でお子様が楽しめるイベントがあれば、家族でこのスーパーに来たいと思ってもらえるきっかけにもなります。

そこで、店内にiBeaconの端末を配置して宝探しゲームなどを楽しめるようにすると、お子様も飽きることなく親子で楽しみながらショッピングをすることができます。

また、店内の至る所を廻ることになるため、店舗での滞在時間を長くすることもできます。

 

iBeacon スーパー 情報発信 ゲーム イベント

 

店内の回遊率を上げる

ショッピング中にiBeaconの電波に反応して広告商品を教えてくれれば、お客様はおトク情報を見逃さずにショッピングすることができます。また、店内のさまざまな場所にiBeaconの端末を配置し、その近くにある広告商品情報を発信することで、普段は行かないような商品コーナーにも立ち寄ってもらうきっかけにもなります。

このように、iBeaconをきっかけとしてお客様の欲しい情報を提供することで、スーパー内での回遊率を上げることが可能になります。

 

O2Oで価値ある情報を提供

現代は食の安全性が問われる時代だからこそ、消費者は常に安全な食材を買いたいと思っています。スーパーでは、野菜の生産地や生産者の名前は表示していても、生産者のプロフィールやこだわりなどの価値ある情報までは確認することはできません。

そこで、 iBeaconの電波に反応して野菜や加工品などの詳しい情報をアプリで確認できれば、安心して購入することができ、またそのスーパーで買いたいと思うお客様が増えることになります。

このように、アプリやウェブサイトで情報を確認して店舗で買ってもらうきっかけづくりにも、ストアビーコンが役にたちます。

 

iBeacon スーパー 商品 生産者

 

リピート客を増やす

スーパー内に設置したiBeaconの電波に反応したお客様だけに、ポイントが多く付与される商品情報を発信すれば、ポイントを貯めているお客様が購入してくれる可能性も上がります。

来店したお客さまだけの特典をiBeaconの電波に反応して受け取ることができれば、お店に行こうと思うきっかけとなります。また、日替わりでさまざまな特典を用意することで、何度でもお店に来てもらえるためリピート客を増やすことにもつながります。

 

来店動機をつくる

ワインの品揃えが良いスーパーであっても、ワインについて詳しい店員が多いとは限りません。しかし、スーパーでワインを購入するお客様にも、どのワインを買えば良いかアドバイスが欲しいと思っている人がいます。

そこで、ワインコーナーにあるiBeaconの電波に反応して、ソムリエがいらない位の詳しいワイン情報がアプリでみられれば、わざわざ専門店に行かなくてもスーパーにワインを買いに行こうというお客様が増えることにもなります。

ワイン専門店であっても、すべてのお客様に店員が対応できないこともありますが、ここでもiBeaconが役に立ちます。iBeaconは情報発信のきっかけをつくることで、お客様に来店してもらう動機をつくることができます。

 

iBeacon スーパー ポイント 来店動機

 

 

ストアビーコンは、スーパーマーケットでの特徴を生かして課題を解決することで、楽しみながらショッピングをしてもらう導入方法を提案いたします。

 

iBeacon O20solution